九星・気学(きゅうせい・きがく)とは、生れた年月日の九星と干支、五行を組合わせた占術。方位の吉凶を知るために使われることが多い。九星術を元に明治42年に園田真次郎が気学としてまとめたものと、それ以前の九星術と合わせて九星・気学と総称される。生年月日によって定まる九星と十二支と、方位の吉凶を知りたい日の九星と十二支を元に占う。九星と十二支は年・月・日・時のそれぞれにあるが、このうち年と月が運勢に大きく関係するとされる。また、生年によって定まる九星を本命星、生まれ月によって定まる九星を月命星という。

九星はある決まった法則で各方位を巡回することになっており、生年月日によって定まる九星と十二支との関係で各方位の吉凶を占う。

【お勧め占い師】

九星気学なら|新宿の母公式ページ

気になるキーワードで検索

  

命(めい)>九星気学

命(めい)
四柱推命
紫微斗数(紫薇斗数)
西洋占星術(ホロスコープ)
数秘術
九星気学
算命学
0学占い
六星占術(細木数子)
動物占い
トップへ戻る
(c)占いWikiでかかってこい!