西洋占星術は、主にホロスコープの作成に基礎を置いている。ホロスコープは、ある特定時点の天の「チャート」を表した図である。選ばれる「時」は、 ホロスコープの主題となる存在の始点(人物であれば生まれた時)である。これは、主題となる存在は、その生涯を通じて、始点における天のパターンを引きず ると考えられているからである。

理論上、ホロスコープは企業の創設から国家の樹立に至るまで分析の対象としうるが、最も一般的なのは、個人の誕生時を基礎とする出生図(natal chart)である。

■このカテゴリの詳細項目
1月21日-2月18日宝瓶宮(Aquarius, アクワリウス)
2月19日-3月20日双魚宮(Pisces, ピスケス)
 
<前のページ

気になるキーワードで検索

  

命(めい)>西洋占星術(ホロスコープ)

命(めい)
四柱推命
紫微斗数(紫薇斗数)
西洋占星術(ホロスコープ)
数秘術
九星気学
算命学
0学占い
六星占術(細木数子)
動物占い
トップへ戻る
(c)占いWikiでかかってこい!