奇門遁甲(きもんとんこう)は、中国の占術。「式占」の一種である。「六壬式」「太乙式」と合わせて「三式」[1]の一つであり、遁甲式(とんこうしき)とも呼ばれる。奇門遁甲の創始伝説によると黄帝が蚩尤と戦っていた時に天帝から授けられたとされる。周の呂尚が改編し前漢の張良が完成させ、三国時代の蜀の諸葛亮なども用いたとされるが、詳細は不明で呪術と絡めて語られることもある。

二十四節気や干支から算出される遁甲局数を基にして遁甲盤を作成して占う。遁甲盤の構成要素の一つである八門を重要視することから八門遁甲(はちもんとんこう)とも呼ばれる。

気になるキーワードで検索

  

卜(ぼく)>奇門遁甲

卜(ぼく)
易経
奇門遁甲
ホラリー占星術
ルーン占い
タロット占い
ジプシー占い
トップへ戻る
(c)占いWikiでかかってこい!